チームワーク

≪助成タイプA≫地域協働型子ども包括支援構築・組織基盤強化助成

公募期間外

​ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金

本助成プログラムは、「地域協働型子ども包括支援」を地域特性に即して、継続して実践していくための体制構築と組織基盤強化を、3年間にわたり支援することを目的としています。
子どもと地域の中で「出会い・繫がり・支えていく」包括的な体制の構築を、ゴールドマン・サックスからの資金支援をもとに、パブリックリソース財団が助成金による資金的支援を行うとともに、 Learning for Allが約3年間にわたり伴走支援で支えます。また、助成後も継続して「地域協働型子ども包括支援」を行っていくために、安定的な組織運営基盤の強化も支援していきます。
     
≪地域協働型子ども包括支援とは?≫     
「地域協働型子ども包括支援」とは、虐待、教育格差など、経済的困窮に付随して複雑な困難に置かれている子ども達が、地域の中で見過ごされることなく、早期に適切な支援場所に繋がり、見守られ・支えられていく仕組みを作ることです。
(※対象の子どもの年齢は主に6~18歳を想定しています)

本助成プログラムでは、下記図のように地域の中で「困難を抱えた子どもと早期に出会い・繋がり・支える」ことに何かしらの課題を感じている実践者を対象としており、本助成を通して①~④の課題を解決していくことを目的としています。

​支援内容

(1)資金的支援

  • 1団体あたり年間上限600万円(最大2年半で計1800万円を上限)

 (申請内容によって、申請金額を査定させていただく可能性があります。)

  • 最大2年半の継続助成(自動的な継続ではなく、毎年継続審査を行います。)
    2021年9月(予定)から2024年3月まで

  • 助成金の使途は事業開発活動、組織基盤強化活動に資するものに限定します。

(2)非資金的支援

  • 地域の中で子どもと出会い・繫がり・支える、包括的な支援の実践的な取り組みを継続して行うための体制構築を、Learning for Allが伴走しながらサポートします。

《伴走支援内容(例)》
✔    集合研修の実施     
✔    定例ミーティング等を通じた知見共有、他団体の紹介、アドバイス

支援対象

経済的困窮に付随する困難に置かれている子ども達が見過ごされることなく、早期に適切な支援に繫がり支えられる仕組みを作ることを目的とします。本助成では「子どもが早期に繋がる」「子どもを適切に支える」ことが両方とも地域で実現できている状態を目指しており、申請内容も両方についての取り組みが書かれていることが前提となります。(既にどちらかを実現できている場合は申請時に記載してください)

 

  • NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織を対象とします。

※国、地方自治体、宗教法人、個人、営利を目的とした株式会社・有限会社、趣旨や活動が政治・宗教・思想・営利などの目的に偏る団体は除きます。
※任意団体は対象外となります。

  • 子ども支援分野での活動実績が3年以上ある

  • 対象とする地域での活動実績が1年以上ある     

※対象地域とは、国内で申請団体がこれまで展開してきた地域のこと。 
※対象とする活動地域の規模は、1中学校区以上(おおよそ小学校2校、中学校1校が存在する範囲)を想定しています

  • 本助成金は「地域協働型子ども包括支援」の実現に必要な、子どもと「出会い・繋がり・支える」ための運営内容の強化・改善にかかる事業費ならびにこれらを支える組織基盤強化のための使途を目的とします。

※既存の事業運営費への補填は対象外とします。

  • 支援団体数:5団体程度(国内全国)

応募情報

○ ​応募期間

※公募は終了しました

2021年5月9日 (日) ~ 6月7日 (月) 17:00まで

○ ​応募方法

​募集要項等をダウンロードし、ご覧いただいた上で、応募書類を2021年6月7日(月)17時必着で、電子メール添付でご送付ください。件名に「応募(団体名)」とご明記ください。

郵送での応募は受付対象外となります。必ず電子メールからご応募ください。

応募書類の送付先

公益財団法人 パブリックリソース財団内

ゴールドマン・サックス 地域協働型子ども包括支援基金 事務局(担当:黒木、鎌田)

E-mail: kodomo.houkatsu_type_a@public.or.jp 

募集要項(PDF)
応募用紙(Word)
応募用紙別紙(ロジックモデル用)(PowerPoint)
事業費収支内訳書 (Excel)

○ ​応募に関する問い合わせ先

お問い合わせの受付は終了しました。